スポンサー広告スポンサーサイト

-- / -- / -- - --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Com(-) ] [ Tb(-) ] [ top↑ ]

アルディージャ大宮農園

2007 / 12 / 04 - 23:54
気の抜けたコーラのように何もする気がしない「見沼区リス好き。(例えがヘタ)」です。



しっかし2ちゃんねるの住人は上手いことを書きますね。

以下、コピペ

「オフトおじさんが耕し、種まき、育てた浦和農園。しかし、おじさんも年齢的問題から現場を退くことに。
管理を引き継いだ次の管理者ギドさんはおじさん程しっかりしていなかったが、  最低限、実を収穫しつつ、水をやり続け、雑草の処理は特に丹念にやった。
 そしてオフト時代の状況を維持した、ギドさんは昨年末を持って浦和農園から独立することになった。
 そしてやってきた新しい管理者のオジェック。 ところがオジェックは、 果樹(選手)に水(入れ替えなど)をやらず、雑草(不満)の処理や、 肥料(戦術系練習)を使わ(え)なかったがために果実(結果)だけを収穫するような状況になった。 そして雑草は伸び続け、果樹は疲弊し、ついに果実は腐りだした」


これを大宮に置き換えてみました。


 三浦管理人(気取り屋)さんが耕し、種まき、育てた大宮農園。
管理徹底(その管理はセンチ単位や向きにまで)をして確実に収穫を重ねてきた、2部から1部へ上場させ1部へ定着できるよう丹念に管理してきた。
 しかし更なる収穫を望む経営者が三浦管理人(気取り屋)さんでは今以上の収穫は期待できないと現場を退くことになる。

 管理を引き継いだ次の管理人ロバート(頑固)さんは更なる収穫を得るため肥料を蒔いたが日本の風土に合わず不作を招いてしまった、収穫の得られないとことに業を煮やした地域住民が品評会後、経営改善を求めることもあった。
 
 経営者はロバート(頑固)管理人さんを変えることはしなかったが作業員が独自に話し合い方法について検討、上申して僅かではあるが経営改善へ向けて進んでいったように見えた。

 そんなある日、種苗を栽培している農園で大事故が起き、その責任を問われロバート(頑固)管理人は突如辞任することになった。

 新しく管理人に就任したのは佐久間(経験なし)管理人であり、経営の中心人物が自ら責任をとる形で管理していくこととなるが経営改善どころか悪化していく状況に周辺住民からは諦めとも思える声が聞こえはじめた。

 そんな中での浦和農園との品評会で奇跡が起こった、浦和農園は他の品評会では川崎農園にのみ負けているだけの超大型農園だが、作業員の必死な仕事の結果、僅差ながら勝利することができた。。。その日だけはお祭りになったのは言うまでもありません。

 大宮農園に転機が訪れました、2年かけて行ってきた、大宮農園の改修工事が終了したのです、作業員のモチベーションが大きく上がります。

 残る品評会もあと1回。。。奥野害虫駆除係が退職することが決まっていました、仲間との最後の品評会、斉藤危機管理係の活躍があり2部へ格下げになることは免れました。 



このへたくそが!ウルァッ!!!

((((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・



おしまい。
スポンサーサイト
[ コメント書く?(0) ] [ Tb(-) ] [ top↑ ]

Comment to this entry

-コメントエリア-

Comment:

  Pass:  管理者にだけ許可:

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。